CDoryA Developer's BLOG

Bug head 開発者としての情報発信、また雑事

見えないところに1,000人以上の人生がある

批判が大好きという人は、言うことは達者だけど、周りは見えていない。アニメの批判は簡単にできるけれど、その制作の背後にどれだけの人生があるかは考えない。だから、どういう仕事か体験してみると、急に批判できなくなる。

自動車でも同じだ。

重要な職で不正を行われると、批判の大好きな奴らが群がってくる。彼らは背後の人生など見ていないから好き放題に言う。もし彼らの言うとおりに不正を確認できれば、その批判は信用されるようになる。

燃費不正は燃費を調べれば、いずれバレる。

その不正期間が長いほど、その背後にいる人は「詐欺師」と言われる。

 

自動車アセスメントの評価不正は、テスト方法が悪いからと思われる。ミリ波レーダーは評価不正に有利になったか? というところ。物体に対して電波を照射して反射した電波を拾って、物体の位置を把握する。しかし、衣類を来た人間を適切に処理できるのか、不審な点を考える。

例えば自動車のバック駐車の時、細い物は検出できないという。とても細い体つきの人は判定できない可能性がある。自転車は物体なので検出しやすい。人の検出について、しっかり確かめているのか、とても怪しい。

レーダー技術の基礎原理は第1級陸上無線技術士の無線工学Bの問題集に出てくるので、それで原理を学ぶと良いだろう。

 

いつか、正しく問題を認識される時が来る。そのとき、そのメーカーは「詐欺師」と言われるようになる。人殺しの原因を作ったので「悪魔」「死神」など、その社員達は言われるようになる。

Bug head はいいよね?

いいえ、既に殺しの攻撃は1万回以上来ている。心臓攻撃だけでなく、色々な攻撃を食らっている。攻撃をひたすら受けながら続けている。普通の人はとてもできない。ほとんどはこうなったら自殺を選ぶ。きついプレッシャーのなかで、改良を続けている。

なぜ当たらないか?

いい質問だ。攻撃に効果があるのは最初の1回目、効果が弱くなる3回目まで。最初に攻撃側でミスがあったら攻撃は当たらない。慣れてしまえば簡単だ。確実なプロテクト方法は、アイマスクを2重3重して眠ること。目を保護すれば何もできない。

両手で目を押さえるとき、できるだけ暗い部屋、毛布などでかぶっていると、何か模様が見えたら、何か攻撃されている。でも、その模様を認識できれば、攻撃は当たらない。よく見えない模様を認識させることによって、過剰に不安を覚えさせて様々な症状を引き出す攻撃だ。その模様が見えなくなるまで、目を押さえていれば、正しい状態になる。

 

やり過ぎれば仕返しする手段はいくらでもある。

 

2020/10/28 18:32

白い車が走っていき、壁に激突するという映像を、4回繰り返し送信されました。そのうち1回を認識したので、この攻撃は無効化できました。この攻撃はずっと目を暗視化すると集中攻撃を受けるため、たまに確認する程度にしています。何らかの認識違和感を感じたら確認する程度ですと、週に2回ぐらい、それぞれ5分ぐらいの確認で済みます。1度認識できれば、その攻撃は入りませんが、ずっと見続けると眺めているだけになり、攻撃は500%以上の効果をもたらし、かえって悪化します。そうしたノウハウは紫からすべて提供されています。開示できる部分はここまで。

紫は、ここに来る攻撃を調査することによって、他勢力の最新技術を調査しています。それで、●●●のNYTOKYO攻撃は完全に把握完了、紫で再現可能になりました。