CDoryA Developer's BLOG

Bug head 開発者としての情報発信、また雑事

細かいところを詰めていきましょう

まず、指摘されたのは ETC です。

高速道路の交通情報提供は ETC 2.0 へ一本化され、2022年3月31日を以て電波による情報提供は終了します。そのため、必ず ETC 2.0 が必要です。

高くても ETC 2.0 にしなければ、高速道路で交通情報を入手できなくなる。

 

全方位モニターは不要と思っていても、GPSとテレビアンテナの取付がセットになっています。GPSとテレビアンテナの取付は3万円ぐらい掛かります。そしてUSBソケットとUSBケーブルで8千円掛かります。結局、全方位モニターは +12,000 で取り付けできる計算となります。それなら、付けておくか。

 

定番中の定番エクステリアとして、

ドアバイザー(雨でも窓を少し開けられる)

マッドフラップセット(タイヤの泥よけ)

これは必要です。

 

定番中の定番インテリアとして、

フロアじゅーたん(できるだけプレミアム仕様)

誰か乗るとき必ずチェックされます。

 

ナビは何にしたら良いか?

Android Auto 田舎なら、これでいいです。

普通のナビ 今は怖いですね。

一時停止表示機能付きナビ 今後の定番です。

「警察です!そこの車、止まりなさい!」

「きみ、なぜか、分かるかい?」「一時停止かな」

「はい、罰金19,000円」

一時停止でパクられる市民が大勢います。注意です。

 

フォグランプは必要です。

霧になったとき、下からの光が無いと屈折現象が起きず見えません。

 

LEDバルブの標準装備なら、信頼性と耐久性は良い。

通常は交換不要ですね。

 

フルタイム4WDですね。

 

どう計算しても、メーカーオプションの全方位モニター&大型9インチのナビ付きの方が安くなってしまうんだが?

ですね!

 

仕方ない。セルフ見積もりは2,062,090となりました。

HYBRID X

ブリスクブルーメタリック ホワイト2トーン

デコステッカー パンダ

全方位モニター付メモリーナビゲーション[フロントカメラ、サイドカメラ(左右)、バックカメラ、USBソケット、GPSアンテナ、TV用ガラスアンテナ、メモリーナビゲーション(9インチHDディスプレイ、フルセグTV・DVD/CDプレーヤー・AM/FMラジオ・スマートフォン連携機能付、Bluetooth(R)対応)、ハンズフリーマイク、メモリーナビゲーション専用オーディオガーニッシュとセット]

ドアバイザー、マッドフラップセット、フロアマット(ジュータン)<アーバンライン>、ETC2.0車載器(ビルトインタイプ)

 

シートカバーをどうするか?純正品なら+35,090円となります。

大体出てるので探してみましょう。

 

お勧めの色をご提案します。

ブリスクブルーメタリック ホワイト2トーン

あざやかだね。

後ろから衝突されにくい、白色のバックだね。

それなら、デコステッカー パンダ をお勧めします。

かわいいね。